ブログトップ

きまぐれにつづるきょうのできごと
    2006年 04月 27日
パリ
いよいよ、パリへ~。
今回は、個人旅行なだけに乗り継ぎ・ホテルなど不安も多いけど楽しみも多かったり。

昼前のKLMオランダ航空にてアムステルダムへ。アムステルダムで乗り換えパリへ。機内食は温かくて美味しく頂く。気分が盛り上がってるのか早起きにもかかわらず眠れない。ようやく眠気が来たところでおやつタイム。アイスクリームかヌードルか。アイスクリームをチョイス。アイスクリームを片手に観たかった映画を鑑賞。それにしても、KLMの乗務員さんは平均身長が高い!175cm以上やね。みんなでっかい。顔は小さい。日本発着便には日本人スタッフが乗務しているので安心。

アムステルダムにあるスキポール空港はパリのシャルルドゴール並に大きい。が、CLGよりも簡単っ!標識も親切やし、お店も沢山ある。個人的にはスキポール空港に軍配やね。

アムステルダムからはKLMとエールフランスの共同便。ここでトラブル発生っ!関空で旅行会社から受け取ったチケットにはアムス→パリの航空券に席の指定がなかった。seatがGATEになってた。これは、現地に着いたらGATEで席をもらう仕組みだとか。英語もできない初めて足を踏み入れる空港でそんな…。そもそも、アムス→パリは満席って言うんだから、席は取れているはずでしょう?!嫌な予感…。やっぱりっ!!!私だけが席が取れてない状態ではなく、多くの方がGATEだったよう。ちなみに相方さんは席あり。GATEでチケットを渡すと笑顔で待機と言われて素直に待つ。搭乗時間になっても搭乗できる気配もなく…。搭乗し始めても私にはチケットの返却はない。アナウンスが入る。英語で聞き取れたのは搭乗が遅れていること。乗れない可能性があるかも?!と焦って近くにいた日本人に聞いてみたらやっぱりそんな状態らしい。私と同じようにGATEチケットの人が次々と呼ばれチケットを手に搭乗していく。私は~?!かなり不安。最後の数人になって相方さんの名前が呼ばれた。彼は席があるのに実はチケットを回収されていた。私とペアだから?で、彼の席が埋まらないからか、確認されて私に席がないってことで先に席を与えてもらえた。もちろん、二人は離れ離れの席。1時間そこらなので平気だが、搭乗できるか否かでかなり焦った。ホンマに焦った。
無事に搭乗できたけど、全員が搭乗できたのかどうかまではわからず。予定時刻より30分以上遅れてのフライト。次の不安はCLG→ホテルや…。

CLGに到着したのは8時前。ロワッシーバスでホテル近くまで行く予定だったが、乗り換えのときに声をかけた日本人の女性(シメカケさん)が電車でリヨンまで行くとのこと。途中のシャトレまで一緒なので電車で行くことに。彼女は見かけ同じ年くらいかと思っていたが、実は三十路さんだった。若い…。聞くところ、1年ほどワーホリでリヨンに滞在されていたとか。今回は、お友達と元彼に文句を言う?(笑)ために来たらしい。出身は茨城らしいが、大学が関西だったとか。久々に聞いた関西弁に笑顔やった。仏語も会話程度は出来るってことで心強い。CLG→シャトレまではRERでブーンと、ここでシメカケさんとはお別れして(メルアド交換済み)、初のメトロ(しかも、夜)でホテル近くの駅までブーン。メトロに乗った時間は9時半ころだったから外は暗くなってて怖かったけど気が張り詰めてるせいか、大丈夫やった。

メトロからホテルまで観光客丸出しのスーツケースをゴロゴロ押しながらようやく見つけたホテル。立地は確かに◎。大通りから少し反れるから夜中は危ないかもしれない。ホテルは以前はお店だったか、アパートだったかと思うような小さなホテル。迎えてくれたオジサンがナイスなキャラクター。チェックインを済ませオジサンにつれられ部屋へ。と、エレベータが旧型。木製の手動式。かなりレトロ。レトロ過ぎて扱い方がわからずRCと部屋のある4Fを2往復。さんざ説明したのにできない私にオジサンもOh~my God!!のサイン。その光景に相方大爆笑。もう疲れてんねんっ!現代っ子やから旧型とかわからへんねんっ!って心の中で言いつつも平謝りで3回目の上昇。ようやく部屋へ。乗り換えとチェックインなどの不安から開放されてホッとしたのか、初日は景色を見る余裕もなくバタンキューzzz
[PR]
by azukipudding | 2006-04-27 05:00 | 旅行


カテゴリ
全体
日記
パン
お菓子
料理
プレゼント
運動
旅行
土産
マカロン
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧